ノリオのインドネシア赴任日記

2021年5月からインドネシアに赴任になった62歳、国内移動からコロナ検査を受けてインドネシアへ出国赴任まで 

ST. Pasar Senen (パサール スニン駅)からラモンガンへ ???な車窓風景

2023年4月2日 日曜日

ST. Pasar Senen (パサール スニン駅)からラモンガンへ向けてKereta Api (クレタ アピ)「列車」が進む。

10時間の長旅で、車窓からの風景を見ているが、さすがに長いので眠ってしまい、全ての景色を見たことは無いと思う。

テレビで見ていた『世界の車窓から』の実写版のようなもので、日本の風景と違うものが見えると楽しい。

下の写真は、線路とその他の敷地を構造物できちんと分けた工作物。

列車が、目の前を走るのだから、境界を示すものが無いと怖いと思う。

線路と境界のある風景

だが、その境目が無い所がある。

生活空間からいきなり線路へつながる。

境目のない風景①

家の前の畑と線路の境界が無い所もある。

境目のない風景②

家の前の庭先がいきなり、線路。

境目のない風景③

生活空間と列車が走る線路が、フラットな形で接している。

この列車は、KAI(PT Kereta Api Indonesia )で『インドネシア国鉄』である。

何の柵も無く列車が走ってるのに、違和感を覚える。

列車の運転手は、いつ何かが飛び出てくる状態の所を走っているので、緊張感が凄いのではと気になる。

境目のない風景④

次に遭遇した、不思議な風景。

水のある所を列車が走る。

下の写真が、その場所の始まりの所。

水のある所を走る①

直ぐにひらけて、池のような風景になる。

列車の窓の外のすぐ下にも水が見える。

水のある所を走る②

仕掛け網の横に人が立っている。

漁をしているみたい。

水のある所を走る③

杭が打たれているので、深さはそんなに無いと思う。

先ほど、人が立っていたくらいの深さだとは思う。

水のある所を走る④

池のような湿地帯のような、よくわからない水がある所を列車が走る。

窓の下には、水が見える。

水のある所を走る⑤

車窓の近くの水辺によくわからない構造物も見られる。

水のある所を走る⑥

写真ではほとんど分からないが、青紫色の花を咲かせた『ホテイアオイ』が水面に群生している。

車窓から見る感じでは、鉄橋を思わすものが何も無い。

もしかして、水辺のギリギリの所が列車が走っている?

??? 頭の中で疑問符が廻っている。

現実を知らない方が、列車に安心して乗っていられる状況かも知れない。

5分間ぐらいの車窓風景だったが、もうあまり追究しないでおく。

水のある所を走る⑦

動画から写真に変化したので、写真のピントがおかしくてすみません。

写真だともっと動いているので、この程度の風景しかないです。

👇 以前投稿した別の車窓風景のブログです。

kznrdiindonesia.hatenablog.com

 

ランキング参加しています。


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ