ノリオのインドネシア赴任日記

2021年5月からインドネシアに赴任になった62歳、国内移動からコロナ検査を受けてインドネシアへ出国赴任まで 

Ramadan(断食月)のST. Pasar Senen (パサール スニン駅)の様子

2023年4月2日 日曜日

いつものラモンガン方面へ出張に出かけるために、日曜日の朝ST. Pasar Senen (パサール スニン駅)へ到着した。

いつも通り1時間以上早く着いてしまった。

なので、他のローカルスタッフは誰も来ていない。

 

断食期間中で、飲食について色々制限がある。

イスラム教徒で無い私は特に飲食制限は無いが、同行のローカルスタッフ全員がイスラム教徒なので、昼食は皆に合わせて取っていない状況である。

Saya juga puasa.」(私も断食中です。)と言って対応している。

Saya:私、juga:~も、puasa:断食

開札口近くの様子

少し離れた所に、催し物のディスプレーが準備されている。

断食に関する表示として、インドネシア語でなくアラビア語表示も増えてくる。

断食月を示す飾り付け

改札口近くの売店、お客さんが居ないためか、厨房の人もテーブル席に出てきている。

待合所横の売店

『Sugakiya』さんと言う店は、ハラルマーク付のイスラム仕様のラーメン店になる。

以前、前を通った時は、鶏スープと鶏チャーシューと表示されていた。

赤いカーテンで、店内が見えないようにしている。

店内で、飲食しているのが見えないようにしての営業になる。

インドネシアのラーメン店

CFC(カリフォルニア フライド チキン)、KFC(ケンッタッキー フライド チキン)のインドネシア版の店。

ここもカーテンで、店内が見えないようにされている。

入口は開けられていて、営業している事が判る。

CFC(カリフォルニア フライド チキン)

ローカルスタッフに言われていたのは、「昼ご飯を食べたければ、販売車両へ行って駅弁やカップ麺は食べられますよ。」と教えられていた。

自分一人だけ食べに行くのは気が引ける。

なので、ローソンでオニギリを買って今から昼食分を胃に貯める。

そもそも、今の時間に食べる事はダメだが、列車の乗車時間が9時間にもなるので、皆が来る前に腹ごしらえ。

イートインコーナーに座っての飲食。

ローソンのイートインコーナーにて

【列車に乗っての状況】

列車内では、いつも通り日本の駅弁に相当するものは売りに来ました。

ただ、駅弁や飲み物を満載したワゴンで無く、販売員さんが手持ちで3つ程度の駅弁を重ねて持って売っている状態。

それで、買う人はいない状態なので、足早に通り過ぎていく。

 

ランキング参加しています。


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ