ノリオのインドネシア赴任日記

2021年5月からインドネシアに赴任になった62歳、国内移動からコロナ検査を受けてインドネシアへ出国赴任まで 

再 City Walk のFUKUMIMI(福みみ)で食事

2022年8月14日 日曜日

店は、City Walk のエレベーターでひとつ上がった1階にある(日本風に言うと2階)。

日本に店がある系列店舗で、インドネシアでの店舗になる。

日本での『福みみ』さんへは行ったことが無いが、ジャカルタの『福みみ』さんへは近いので、時々利用する。

 

席に着くとインドネシア基準でなく日本基準の雰囲気でセットされている。

GINZA TOKYO の文字

カウンター席向こうの焼き場を見ると、インドネシア感は無い。

インドネシア感だと大きな中華鍋のような鍋に油が入っていて、揚げ物の風貌になると思う。

この写真だけだと、日本の普通の居酒屋さんの厨房の雰囲気。

カウンター席の向こう

どこの店でも大体同じだが、お茶は直ぐに来る。

入っている氷は、竹輪状の中抜き氷。

この氷だとインドネシアでは、安全だと言われている。

お茶が届く

この店の焼豚は美味しくて、よく頼むので今日は『焼豚丼』を注文してみた。

焼豚単品を頼むとタレが掛かっているが、そのタレがかかていると嬉しい。

刻み海苔の香りが素晴らしい。

ご飯は多めに入っているので、満足感はある。

豚丼

一緒に頼んだ『だし巻き卵』。

だし巻きのダシの味は少ない、でもボリューム感がある本格的卵焼き。

横に添えられている大根おろしが嬉しい。

それと醤油もあるので、これだけで『だし巻き卵焼き定食』のメニューが成立しそう。

だし巻き卵焼き

満足な晩御飯をカンター席で頂きました。

 

【参考金額】レシート表記のままで、1円=104円として

BUTA CHASHU DON     Rp65.000

DASHIMAKI TAMAGO  RP39.000

OCHA DINGIN      RP20.000 (DINGIN:冷たい(インドネシア語))

Service 5%                  Rp6.200

PB1             RP14.322

Total           Rp 144.500 ←いきなり端数調整されている

            (1,389円)

 

👇 初回のブロブ

kznrdiindonesia.hatenablog.com

 

ランキング参加しています。


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

Mall Ambasador(アンバサダー モール)にて 

2022年8月14日 日曜日

3週間のTubanの出張から、ひとり飛行機旅で帰って来て少し疲れたが、ジャカルタに戻ると元気が出てきて、翌日の日曜日に一番近いMall Ambasadorにやって来た。

日本語風に言うと『アンバサダー モール』。

2.2kmの距離を歩きで約30分。

 

モールの中をウロウロして、疲れてフードコートエリアに来て、いつの生オレンジジュース片手に、外の景色が見える所に来て座った。

このモールは、パソコン関連の店が多い。

日本の秋葉原のような感じ。

隣のモールへ行けば、服・雑貨等のローカルのモールになる。

気を使わなくて済む、気楽なローカル系のモールなのでよく来る。

窓の外を見るといつも使用している、無料の高架になった自動車専用道が見える。

毎日この道路で、会社に通っている。

窓の外の風景①

宿舎から会社までの7km程度の距離の内、半分がこの自動車専用道が締める。

なので、通勤時間は車で10分から15分程度。

でも、帰りは全ての道路が大渋滞の為、最大1.5時間の時もある。

インドネシアの交通事情は、経験しないと分からないです。

 

この自動車専用道路は、バイクの走行は禁止。

でも、通勤時間と夜間は時々バイクが走っている😱😱😱。

 

真ん中の下の方の瓦屋根、中国大使館。

屋根の形が、中華のオーラ💯%。

窓の外の風景②

このあたりは、クニンガン地区と言われている。

インドネシアに一年前に来た時に6か月程度住んでいた地区で、何か親しみがある。

住んでいたのは、3階建てのKost(コス)でした。

※Kost(コス)「シャアハウス」説明すると長くなりそうなのでやめます。

窓の外の風景③

全体の風景の感じを取りたくて、パノラマ撮影に挑戦。

何か歪んでしまって、雰囲気はわかるが風景が変。

パノラマ撮影の全貌

アンバサダー モールを出るともうどっぶりと日が暮れていた。

照明の明かりで照らされたジャカルタの風景も1年も住むと落ち着く。

外に出るともう日が暮れている

今日、買ったバテック2点。

今まで持っていたのが、いかにもバテック的な物ばっかしだったので、カジュアル系を選んでみた。

会社の恒例れで金曜日は、バッテク着用になっている。

でも、先にインドネシア入りしている人たちは、平日からカジュアルなバテックを着ている。

実は、それにあこがれて今回2着カジュアル系のバッテクを買ってみた。

いつもポロシャツを着ているとローカルの人との溶け込み具合がもう一つのように感じていたこともある。

買って来たバテック2つ

左側のバテックの拡大写真。

日本でこのシャツを着て、出社する勇気は無い。

でも、インドネシアでは、ごく一般的な柄で、全然気にならない。

左のバテック

右側のバテック、何か色が落ち着いていて気に入って購入した。

左のシャツは、セールス品で値引きあり、右は正規金額。

平均して1枚Rp200.000(1,923円)。

布製の店の名前の入った袋に入れてくれた。

右のバテック

ジャカルタの街は活気があって、平均年齢が若いので、この街で生活していると気分的に若く頑張れる気がします。

 

ランキング参加しています。


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

Tuban のFave Hotel からの風景 衛星アンテナ

2022年8月10日 水曜日

ホテルの窓から外の風景を見ていた。

一般的なテレビアンテナに交じって、衛星放送用のアンテナを付けている家がある。

下の写真だと小さすぎて、衛星アンテナの存在は『間違い探し』レベルの大きさになる。

ホテルの窓からの風景

衛星アンテナの家をく拡大すると衛星アンテナの存在が分かる。

ほぼ垂直に立ったパラボラ式のアンテナが存在する。

衛生アンテナ①

日本の衛星アンテナより大きい。

そして、日本の衛星アンテナと大きく違う点がある。

インドネシアの衛星アンテナは、網状に透けている。

日本の中華鍋のようなアンテナだとスコールの水が確実に溜まるため???

日本の傾いた衛星アンテナを見慣れた私には、垂直に立ったアンテナの風景は、異国感を感じさせた。

衛生アンテナ②

30年前にインドネシアに6か月間来た時は、インドネシアの国営放送のTVRIの1局放送で、お金のある人が2~3mほどの巨大パラボラアンテナを建てて、他の国の放送を見ていたのを思い出した。

当時のアンテナからすると今回のアンテナは1/3程度で小さく感じられた。

しかし、日本の現在使用されているアンテナと比べるとなかり大きい。

 

ランキング参加しています。


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

スラバヤから初めてのインドネシア国内飛行機ひとり旅(後編)

2022年8月13日 土曜日

変更された搭乗口に行先の表示も無しで、係員らしき人がチケットをちらっと見て、2つの行先に振り分けている。

ジャカルタ行きかどうかよくわからない状態で、飛行機の最後尾よりタラップを使っての乗り込んだ。

まるで、勝手口から家に入る感じ。

入口に居たCAさんにジャカルタ行きかだけ確認した。

「ハイ」との返事で、中に入る。

満席状態の機内の指定された席に着く。

席の広さは路線バスの席の感覚、長くない私の足が前の席に当りそう🤪。

エコノミー席専門の私だが、過去最高レベルに狭い席に思える。

1時間半だから「我慢、ガマン、がまん・・・😆😥」

搭乗完了

機内サービス無し、映像・音楽設備無しの移動に徹した飛行機旅行を無事終えて、ジャカルタスカルノ・ハッタ空港に到着。

狭い機内を出て、預けた荷物を受取りに移動。

スカルノ・ハッタ空港へ到着

荷物引き取り場所の表示を頼りに移動。

移動状況

荷物受取場所に到着。

受取人の人達が少なくて安心。

荷物受取場所①

人が少ないと安心していたら、人が増えて来た。

スラバヤで乗る時、ほとんどの人が荷物を預けていた気がする。

乗客全員だとこれぐらいは、仕方ないか😅。

荷物受取場所②

更に人が増えてくる「これ、人が多すぎない?」

(最終、写真の状況の倍近くの人)

こんなに、人が集まっているのに、荷物の排出がゼロ。

ターンテーブルの上の到着便の表示が2便分になっている。

1つのターンテーブルに2便分の荷物が流れる???

「え~~、そんな😂🤣😭」

ターンテーブルまでたどり着けないし、荷物も連続でなく、ポツリポツリと出てくる。

自分のスーツケースを無事に、受取る取れるか不安になる。

 

どうにかスーツケースを受取った😅😅😅。

荷物の受け取りに1時間近くかかった。

荷物受取場所③

到着時刻を言って、空港までローカル社員の人に迎えに来てもらっていた。

待ち合わせ場所に1時間半以上遅れて到着。

空港外の待ち合わせ場所

ジャカルタの宿舎に着いた時には、完全に日が沈んで夜になった。

迎えに来てもらったローカルの人と、お礼を兼ねて晩御飯を隣のビルで食べた。

Tubanのホテルを朝9時に出て、ジャカルタの宿舎に夜7時帰宅。

所要時間10時間の旅、車移動の13~14時間よりは早いが、驚くほど速くは無い。

電車の乗車時間9時間+車移動を入れると合計12~13時間。

今回の出張で、3通りの移動を経験出来て今後の参考になった。

一番の成果は、『インドネシア国内飛行機ひとり旅』が出来た事😊😋🥰。

やれば出来ることが、また一つ増えました。

宿舎隣の食事処の駐車場

【会社での後日談】

今回のL社の飛行機旅行の話をしていると、ローカルの人からL社はダメですよ言われた。

料金は安いけど、荷物が大きいと追加料金を取られて、金額が逆転する程度の安さ。

遅延発生は当たり前、直近の使用する飛行機の変更も普通にある。

ローカルの人が乗りたがらない一番大きな理由は、文書で書けられないので割愛します。

「次回からはB社以上にしてくださいよ」と貴重な意見をもらった。

 

直ぐにB社を利用することがあった。

機内サービス、預かり荷物の引き取り等ほぼ日本の航空会社なみで安心。

貴重な『インドネシア国内飛行機ひとり旅』が出来ました。


ランキング参加しています。


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

スラバヤから初めてのインドネシア国内飛行機ひとり旅(前編)

2022年8月13日 土曜日

ジャカルタへ夜行電車に乗り、ひとりで帰る予定になっていた。

最寄りの駅に連れて行ってもらって、終点で降りるだけなので、ひとりでもどうにかなると思っていた。

しかし、駅に通じる橋が壊れて、電車で帰ることが困難になった。

それで、会社のローカルの人からの指示は、「ひとりでスラバヤから飛行機で、帰ってくれませんか?」

「エーーー😱」国内便の飛行機は、まだ乗ったことが無いし、それもひとりで?

子供が、『はじめてのおつかいで』おつかいを頼まれた気分。

「〇〇さん、少しはインドネシア語はなせてるから、大丈夫。」

「そ~う😳」と飛行機の初めてのひとり旅決定。

 

土曜日に手の空いているローカルの人が、Tubanのホテルからスラバヤの空港まで送ってくれることになった。

スラバヤまで、車で3時間ちょっとの距離。

搭乗時間14時10分に間に合うように、余裕をみてホテルを9時に出発した。

飛行場へ移動中①

慣れた車移動の為、何の緊張も無く途中の景色の写真を撮ったりして、余裕の行動。

飛行場へ移動中②

インドネシアの風景には、モスクはよく見かける。

飛行場へ移動中③

スラバヤ空港の近くまで来た。

予定の3時間を1時間近くオーバーして、13時にスラバヤ空港に到着。

飛行場へ移動中④

空港に着いて、「Hati-hati(ハティ-ハティ)気を付けてね😅😄」とローカルの人に言われてお別れ。

数社あるインドネシアの国内便の会社の窓口から該当窓口を探さなければいけない。

それプラス搭乗便が手配飛行機の都合で、E-チケット(電子チケット)の便が変更になっているので、窓口で話して変更手続きをするように依頼を受けていた。

チェックインの窓口を見つけて、スーツケースを引きながら頭の中では、B.B.クィーンズの『おどるポンポコリン』の「ピーひゃら、ピーひゃら🎵🎶・・」が最大ボリュームで鳴っている。

不安でいっぱい。

チェックイン窓口

窓口で、つたないインドネシア語で説明でき『本チケット』を受取った。

窓口の人に搭乗口の場所もどうにか聞けて少しは安心。

おどるポンポコリン』の曲が少しボリュームを下げて「タッタタラリ🎶・・

と頭の中で、まだ鳴っている状況で、移動する。

指示された搭乗口方向

インドネシア語の表示Pintu (ピントゥ)「ゲート」の知っている文字があって安心。

Pintuの文字の下に英語でGate(ゲート)。

別にわざわざインドネシア語を読む必要なしの状態の案内板だった。

『初めてのインドネシア国内飛行機ひとり旅』の緊張がまだ解けない。

搭乗口の案内板

掲示板があったので、受け取ったチケットと確認してみた。

L社の〇〇〇便、搭乗口:14番、行先 :ジャカルタ、時間14:40

持っているチケットの搭乗時刻は14:10になっている。

インドネシアの場合、搭乗時刻と出発時刻の差で30分時間表示が違っていたことが国際便でもあった。

14:10でも14:40でも、今はどちらでも対応できる。

掲示

長い通路を移動していると何かお洒落な看板。

少し落ち着て、「初めてのおつかい」状態が薄らいできた。

インドネシアを感じさせる看板

知っている単語のPintu 「ゲート」表示で搭乗口を示している。

14番搭乗口へと急ぐ。

Pintu 表示

大きな表示板の向こうにそれぞれの搭乗口が見えて来た。

大きな掲示

左手に搭乗口、右手に食べ物屋さんが並ぶ通路。

搭乗口も見えて来て、頭の中から「おどるポンポコリン」がフェードアウト😅。

左手に搭乗口、右手に食事処

少し落ち着くとお腹が空いて来た。

まで、昼食は食べていなかった。

大きなフードコートエリアを見つけた。

フードコートの店々

「BENTOUYA」の文字。

これを「弁当屋」と解釈して入る勇気は今は無い。

店の名前BENTOYA

フードコートエリアの店先で、店の人を呼ぶと「注文は、通路入口の所です。」と説明された。

フードコートエリアの全ての店の注文は、このサービスカンターみたいな所で注文を行うみたい。

注文口

無難にハンバーガーセットにした。Rp66.000(635円)

小さいペットボトルのコーラーが倒れて、付いて来た。

このコーラーは、コンビニでRp6000くらいで買える安いやつやん

空港の中なので仕方ない値段設定。

注文の品が届く

食べ終わって、搭乗口に移動。

目標の16番搭乗口に到着。

14番搭乗口

搭乗する飛行機を確認。

L社の飛行機が、もう搭乗できる体制になっている。

乗る飛行機を確認

チケットに書かれたある搭乗時間14時10分になったので、搭乗口に来てみた。

現在時間14時10分に確認(写真の時刻)、日本人らしい丁度の時刻。

でも航空会社の人も搭乗者も誰も並んでいない。

大丈夫😮😮?

掲示板の時刻表示が、14時40分になっている。

搭乗口の案内と時刻表示

そのあとも誰も来ないし、誰も並ばない。

14番搭乗口

出発時刻14時40分の20分前になった。

館内放送で搭乗口の変更言っている。

「そんな😱😱😱」

先ほどみた掲示板の『JAKARTA』が『BANJARMASIN』に変わっている。

『BANJARMASIN』は、カリマンタン島にある町で逆方向で違う島、間違って乗るととんでもない事になる。

『BANJARMASIN』は、30年前に来た時に住んでいた町の近くなので、知っていた。

今回は、耳をダンボのように大きくしていたから聞き取れたけど、普通にしていたら聞き逃していたと思う。

 

日本でも搭乗口が変わることはある、でも20分前は無いだろう🥶。

乗るつもりだった飛行機を横目で見ながら、通路移動。

今いた所の飛行機を見ながら移動

滑走路にいったん出て、歩いてタラップから飛行機に乗り込む。

日本では、あまり無い飛行機への乗り込み方法。

 

特にジャカルタ行きの表示も無く、人の流れで今飛行機に乗り込もうとしている。

「本当に大丈夫???😨😨😨」自問自答している。

テレビ番組だと、またもやB.B.クィーンズの『おどるポンポコリン』の「ピーひゃら、ピーひゃら🎵🎶・・」が再び流れているシーンだと思う。

滑走路を歩いて移動

(後編)へ続く

 

ランキング参加しています。


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

Tuban のFave Hotel でAneka Sarapan(Makan pagi)色々な朝食

Fave Hotel に連泊した時のSarapan(Makan pagi)「朝食」の一部をまとめました。

 

日常生活にて、会社に早めに出社した時「朝食を食べましたか?」と良く聞かれる。

朝の会話で、「おはようございます。」の次に多い会話かもしれない。

その時、「Sarapan」・「Makan pagi」のどちらかで聞かれる。

両方とも朝食の意味。

朝食だけ別に「Sarapan」と言う言葉がある。

でも、使い分けは知らないです😅。

Aneka  (アネカ)「色々」は、屋台のフルーツジュース屋さんで憶えた言葉。

Aneka Jus(アネカ ジュス)と書かれた看板の下にアボガドや色々な果物の名前が書かれて、フルーツジュースを売っている。

日常生活のちょっとした機会で憶えた言葉は、身に付きやすい。

インドネシアに来て、1年も経つと簡単な言葉は、自然と体に馴染んでくる気がする。

日本に居る時より脳に刺激が入ってくるので、ボケの進行が少なくなった気もする。

 

話しを元に戻して、時々撮った朝食の写真をまとめました。

食べ物の写真だけで、胸やけを起こすかもしれませんが・・・😱。

 

2022年8月1日 月曜日

メインの大皿にMIe Goreng(焼きそば)、Nasi Goreng(焼飯)、野菜炒め、オムレツ。

私の朝食欠かせないBubur(お粥)と野菜スープ。

Bubur(お粥)があるので、MIe Goreng(焼きそば)、Nasi Goreng(焼飯)はセーブして少な目。

ただ、全部を食べ切ると朝食としては多めな感じ。

大皿に朝食を盛り付け、お粥とスープ

昼食を抜くために1.5食分の朝食を頂く。

朝食をしっかり頂くと昼食を抜けるる体質になった。

現場での昼食が、なんとなく嫌になってきて、抜くようにした🤣。

なので、トーストとフルーツとスープで0.5食分の追加の朝食を取る。

パン食系統の朝食

2022年8月4日 木曜日

メインの大皿は、MIe Goreng(焼きそば)、赤い焼飯、野菜炒め、揚げ物。

それと定番のBubur(お粥)とスープ。

大皿料理とお粥・スープ

赤い焼飯は、色が赤色なだけで味・香り共に普通の焼飯。

でも、赤色の色で、気分的に何か嬉しい😄。

ポイントは+10点。(100点満点中)

大皿の料理

よくわからない何かが入っているスープ。

味は変でなく、ごく一般的なスープ。

スープ

別に取ってきた揚げ物をスープに入れてみた。

素うどんに「かき揚げ」を載せて、天ぷらうどんに変身させた気分。

「ウ~~ん、特に味に変化なし😂。」

人生において、小さなチャレンジも必要。(話が大きすぎる🤣)

スープを自分なりにアレンジ

今日は、トーストまで食べる気力が湧かない。

イカとパパイヤで仕上げ。

コーヒーを飲んで今日の朝食の終わり。

デザートとコーヒー

2022年8月5日 金曜日

今日は、麺類・ご飯類は無し。

体調はいつもと同じだが、食欲が120%で無い。

大皿と朝食

ソフト テンペの揚げ物とオムレツと味付けゆで卵。

日本のおでんのような卵があったので、取ってみた。

味は、「・・・普通。」見た目は、凄く美味しそう。

卵料理多めのプレート

トースト1枚と果物少し(スイカ)とコーヒーで仕上げた。

仕上げの朝食

 

2022年8月7日 日曜日

今日の大皿は、Bihun Goreng(ビーフン ゴレン)とシラス入りの焼飯ともやし炒め。

朝食の大皿

シラスの塩辛さが、良く効いている。

と言うか、塩辛さが効きすぎている😂。

具材の少ない焼ビーフンにもやし炒めを混ぜて、お皿の上で自分で調理。

意外と思ったより美味しい、「正解」。

大皿の拡大

トースト2枚と(全然甘くない)メロンを追加して、朝食の仕上げをした。

第2段の朝食

 

2022年8月10日 水曜日

今回は、珍しく仕上げの朝食のトーストまで、最初から参加。

Kwetiau Goreng(クェチィアウ ゴレン)「焼平打ち麺」も初めての写真参加。

朝食

Kwetiau Goreng「焼平打ち麺」もインドネシアでは、よく見る食べ物です。

野菜の揚げ物が美味しかった。

大皿の料理

トースト2枚を食べて、今日の朝食も終わり。

トーストの朝食

2022年8月12日 金曜日

Kwetiau Goreng「焼平打ち麺」、Nasi Goreng、野菜、味付け卵、オムレツ。

大皿の盛り合わせ

緑色の葉っぱの料理。

インドネシアの色々な所で出くわす。

シンコンの葉っぱだと教えられたと思う?

味があまり無く、口の中で繊維質が残って、私的にあまり好きな食材では無い。

食べると体には凄く良い食材の感じはする。

緑野菜のおかず

厚揚げ入りのスープ。

日本でこの写真を見ると『カツオ風味の厚揚げの煮物』と言ったところ。

でも、ここはインドネシア

カツオ風味では無いが、不味くも美味しくも無い普通の料理。

ただ、厚揚げの煮物的な料理で、安心感はある。

厚揚げ入りのスープ

以上 Tuban のFave Hotel でのAneka Sarapan(Makan pagi)「色々な朝食」でした。

麺類はMie Goreng(ミー ゴレン)「焼きそば」、Bihun Goreng(ビーフン ゴレン)「焼ビーフン」、Kwetiau Goreng(クェチィアウ ゴレン)「焼平打ち麺」の3種類のローテーション。

Nasi Goreng (ナシ ゴレン)「焼飯」は、毎日違う内容。

副食のおかずも毎日違う。

なので、連泊しても毎日違う食事が楽しめられて良いです。

 

今回は、約3週間お世話になりました🙏😊😋😄。


ランキング参加しています。


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

Tuban のFave Hotel からTaxi で現場へ通勤

2022年7月30日 土曜日

Tuban への出張は、短期の為にジャカルタから運転手さん付きで来ていた。

今回は、3週間程度の長期にわたる為、運転手さん無しの電車にて現地入り、なので現地移動はTaxi 移動になる。

 

Tubanには、メーター有のTaxi が走っていない(おそらく)。

なので、Net 依頼のメーター無しTaxi 利用にて現場への足を確保。

ホテルと現場の距離20km近くの距離をRp100.000(962円)で契約できた。

インドネシアのTaxi は、日本と比べて金額的には安いと思う。

朝7時15分にホテル玄関口まで、来てもらう話が出来た。

 

日本人の悲しい性で、5分前の朝7時10分にロビーよりTaxi に電話をかけてみた。

「おはようございます。今、どこにいますか?」当然、インドネシア語にて。

「ホテルの、駐車場で待っています。」の返事。

素晴らしい👍✨🎉🎊😍。

インドネシアの方で最初から、何も言わなくても時間前行動をしてくれるとは。

 

人の良さそうな、年配の運転手さんが、直ぐにホテル玄関口に車で来てくれた。

さっそく白い車に乗って出発。

 

一方通行の道を進む。

街中をスタート

一方通行の道でも、バイクは向かって来る。

インドネシアの法律上「OK」か「NG」なのかよく知りません。

Tuban の街の道は、両側に街路樹がよくあり、緑がいっぱい。

ホテルの窓からの風景に、緑色が多いのが理解できる。

海岸線の道路が見える

現場へ続く海岸線への道に出た。

T字路になっている。

道の向こうは、多くの漁船が浮かぶ海になる。

海岸線道路とのT字路

T字路を右へ曲がった所。
更に道は広くなる。

少し先まで、時間帯による一方通行が続く。

朝の早い時間帯の為、交通量が少ない。

以前、ホテルを朝8時スタートで出ていた時は、この道路が2車線の渋滞で、車で埋め尽くされていた。

海岸線を走行

公園の前のBelimbing (ブリンビン)「スターフルーツ」のモニュメントの所に来た。

インドネシアの来た当時は、珍しがってBelimbing 「スターフルーツ」をよく買って食べていた。

皮が薄いので、輪切りにして皮ごと食べていた。

少し古くなると、端のとがった所の皮だけを切り落として食べていた。

公園のBelimbing のモニュメント

更に進むとSiwalan (シワラン)のモニュメントが見える。

今、Siwalan (シワラン)とブログに書いているが、Tubanに来た当時はマンゴスチンと思っていた。

大きいモニュメントの為、少し作るのを失敗して変な形のマンゴスチンにしまったのだと思っていた。

今回、地元のTaxi の運転手さんと話していて、初めてSiwalan (シワラン)と言う別の果物だと教えてもらった。

「実を絞ったジュースがあって、発酵させた甘い飲み物がTubanにある。」との事。

 

後日、運転手さんが1.5L程度のペットボトル入り2本を買って来てくれた。

2本でRp30.000(288円)、値段的にそんなもの???

氷を入れて飲んだ感想。

酸味の効いた、少し甘いスポーツドリンク。

または、水を入れ過ぎた薄めのカルピス、こちらの方が近い🙄。

公園のSiwalan のモニュメント

交通量の少ない街路樹で覆われた道をさらに進む。

更に進む

Tubanの街を抜けて幹線道路に入った。
一方通行も無くなり、対面通行の道になる。

イスラムのお正月を祝う旗が多くなる。

イスラムのお正月の旗

海が見える海岸線に出た。

バイク通勤が多く、二人乗りの人も多い。

ヒジャブイスラムの頭巾)の上にヘルメット。

何か、海の風景と相まって通勤風景だが和む。

海岸線をバイクで通勤?

日本の松のような木が続く。

海岸線より海

木と木の間に小屋が存在する。

休憩場所だったり、店屋さんだったり、日本の海水浴場の風景を思い出す。

海に面した小屋

このような、インドネシアのローカル風景を見ながら通いました。

 

今回は、動画から写真へ変換して、画像が全体に乱れました。

車のスピードに写真が追い付かなくて、動画より作りました。

写真の画質が悪くて、すみません😲😥。


ランキング参加しています。


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ