ノリオのインドネシア赴任日記

2021年5月からインドネシアに赴任になった62歳、国内移動からコロナ検査を受けてインドネシアへ出国赴任まで 

インドネシアでちらし寿司をつくる

2023年1月10日 火曜日

日本から持ち込んだ食材に、『すし太郎』がある。

何も手を付けないで、1年が経とうとしている。

そこで思いついたのが、日系スーパーのパパイヤの弁当とのコラボでのちらし寿司の制作。

勝手にコラボしました。

それで買って来たのが、『海鮮丼』と『白飯』。

使う材料

いつもお世話になっている『海鮮丼』、Rp55.000(529円)。

十分これだけで美味しいが、今日はこれを最大限利用して、ちらし寿司をつくる。

買って来た海鮮丼

『白飯』、Rp15.800(152円)。

米粒が短くて粘り気のある、ジャポニカ米。

インドネシアによくある焼飯に最適なインディカ米で無いのがよい。

ご飯と『すし太郎』

『白飯』を電子レンジで1分間「チン」して、温めた物をボールに投入。

ご飯を入れる

『すし太郎』の1人前の小袋をボールに投入する。

これは、『すし太郎』の説明書に書いている通りの手順。

『すし太郎』を入れる

それをスプーンで、混ぜる。

ここまでは、『すし太郎』の説明書に書いている。

混ぜてすし飯、完了

出来上がった、ちらし寿司らしきをお皿の半分に盛る。

お皿に盛る

お皿の半分空いた所に海鮮丼を移す。

そして、全体に海鮮丼の具材を散らして、少しリッチなちらし寿司の完成。

海鮮丼を追加で盛る

食べた感想、美味しかったです。

もで、1人で食べるのには量が多い、結果的に弁当2個分になる。

弁当を2個も食べるほど、若くはない。

食材がそろっていたら、余裕で3分間以内に出来る超簡単料理。

料理と言うのには、気が引けるけど、平日の仕事が終わっての体でも作れる、簡単ちらし寿司でした。

 

ランキング参加しています。


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

 

モールのスーパーでお菓子の詰め合わせの購入

2023年1月8日 日曜日

散歩がてら出かけたローカルのモール内にあるスーパーで買って来た、お菓子の詰め合わせセット。

値段の付いているラベルに「ANEKA DODOL CURAH」と書いている。

CURAHの意味は分からないが、色々なDODOLの詰め合わせみたい。

ANEKA (アネカ)「いろいろ」

DODOL(ドドル)は、インドネシアの国内のみやげ物を売っている所で見かける、インドネシアのお菓子になる。

ソフトキャラメル似た柔らかい飴のようなもの。

買って来たお菓子の詰め合わせ

植物の葉の乾燥した物で、包まれている。

自然素材の物で、包まれていると体に害がなさそうな感じがする。

植物の葉の乾燥した物で

1個を試食で開けてみた。

紙に書かれた文字の上は、®が付いているので、ロゴだと思う。

下のWAJIT (ワジ)は、インドネシア語で存在していた。

もち米とヤシ砂糖で作られたお菓子になる。

WAJIT の文字

独特な包み方で、慣れない私が包を開けると、汚きくなった。

包み方を見ると綺麗に巻かれているので、もっと簡単にかつ綺麗に取り出せると思う。

実際に食べてみると、死ぬほど甘くは無いが、かなり強めに甘いです。

包みを取るのが大変

他のDODOL は紙に包まれている。

それぞれが色分けされていて、何味か色で分かれている。

色ごとに合わせてみた

茶色:WIJEN(ゴマ)、黒色:KURMA(デーツ、なつめ)

青色:KOPI(コーヒー)、黄色:COKLAT(チョコレート)

DODOL①

茶色:RASA COKLAT(チョコレート味)

オレンジ色:RASA DURIAN(ドリアン味)

赤色:RASA STRAWBERRY(イチゴ味)

緑色:RASA PANDAN(パンダン味)

RASA(ラサ)「味」、インドネシア語は日本語と言葉の順番が逆になる。

DODOL②

半透明紙の物は、見た感じ標準的な感じの物。

何個か実食してみた。

何となく感じていた事が起こった、包んでいた紙がソフトキャラメルのようなお菓子にくっ付いて取れない。

日本だとオブラードで包まれて、紙と縁が切れていると思う。

あと、色で識別されている味の違いが、あまり感じられない。

ほぼ、全て同じ味がする。

食べにくかったので、リピートは無いかもしれない。

DODOL ③

食べていて、地元愛媛県にある『別子飴』を思い出した。

こちらは、飴と紙は綺麗に分離して食べられる。

 

.👇 地元愛媛の『別子飴』を思い出した。

この飴も紙の色によって味が違う。

5種類の味で、ミカン、イチゴ、ピーナッツ、ココア、お茶。

日本人の感覚だとほぼ判る色合いだと思います。

 

ランキング参加しています。


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

 

ジャカルタのGYO GYO GYO(魚魚魚)でのランチタイム その5

2023年1月8日 日曜日

昨日に引き続き、ランチメニューを食べに来た。

安定の日本食が食べられると、どうしても連続になってしまう。

かと言って、1週間連続は・・・、やはり土曜・日曜の2日連続が適当だと思う。

 

注文すると、昨日と違って、いつも通りお茶・野菜サラダ・茶碗蒸しの3品が届いた。

先発料理と飲み物

湯飲みに入った茶碗蒸しとごまだれドレッシングのかかった野菜サラダ。

インドネシアに居ることを忘れさせてくれる出来ばえ。

本当に美味しい、メイン料理が来る前に、これで満足していてはいけないが・・・。

日本を離れて生活していると、この程度の料理(ゴメンナサイ)でも感激してしまう。

茶碗蒸しと野菜サラダ

本日頼んだ、メインメニューは「Chasyu Don」と「Kitsune Soba」。

初めて、漬物に「キムチ」が付いて来た。

「Chasyu Don」との組み合わせなのかは、不明。

メイン料理

「チャーシュー丼」のチャーシューをめくるとタレのかかったご飯がある。

そこに白髪ねぎ風のネギが敷かれている。

チャーシューも、柔らかくて良く出来ている。

和辛子を各チャーシューに付けて、そして上にかかったネギも全体に散らして、食べる準備はOK。

実食、凄く美味しい。

でも、何かが違う気がする。

・・・・・・・・・・・・

そう、食べると口の中の水分が不足する感じ。

チャーシューにもう少し濃厚タレがかかっていると良い気がする。

チャーシュー自身も美味しくて問題ないが、タレの絡み量が少なく口に入れて食べているとパサパサ感が発生する。

(あくまでも、個人的意見です。)

基本的には美味しいです。

チャーシュー丼

キツネそばのキツネが、おそらく稲荷寿司の揚げの流用だと思う。

凄く甘く濃厚なキツネ(揚げ)になる。

5回目のランチにして、改善点を発見。

ただ、私の個人的意見で、どうでもよい改善点だと思う。

そばとそばつゆは、あい変わらず美味しい。

キムチとキツネそば

これで、腹ごしらえが出来たので、今日も歩いて行ける近場の探索に出かける。

 

ランキング参加しています。


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

 

ジャカルタのGYO GYO GYO(魚魚魚)でのランチタイム その4

2023年1月7日 土曜日

久しぶりに地下階にあるGYO GYO GYO(魚魚魚)さんのランチライムに来た。

店先の「ランチやってます」の日本語ののぼりが出ているのを確認して入った。

注文して、少し経つとお茶が出てきた。

いつもだと、お茶・野菜サラダ・茶碗蒸しの3品の先発が出てくる。

お茶のみが出てきた

今回、頼んだ「Zuke Maguro Yamakake Don」と「Tsukimi Suba」。

ローマ字で書くと海外の日本食屋さんの雰囲気が出る。

写真だとインドネシア感が無く、日本の料理屋さんの感じしかしない。

日本語で書くと「漬けマグロ山かけ丼」と「月見そば」。

それと遅れて出てきた野菜サラダ。

出来上がった料理

インドネシアの人が作ったネイティブな漬けマグロ山かけ丼です。

インドネシア訛りが一切なしの本格的な「漬けマグロ山かけ丼」。

美味しいです。

ワサビが少し多かったかな?

漬けマグロ山かけ丼

インドネシアでは、珍しいほぼ生の卵の入った「月見そば」。

月見そば

七味を入れて、レンゲを除けて、食べる準備完了。

麺が伸びないように先に「月見そば」より頂きました。

これもネイティブな「月見そば」で美味しい。

そばつゆの味に誤魔化しが無く、本当の日本風味のソバつゆで美味しい。

日本風と書くと日本の味に近いとなってしまうが、ココの店のソバつゆ💯。

七味を入れて

「漬けマグロ山かけ丼」と「月見そば」も満足できる味でした。

茶碗蒸しは、最後に来ました。

腹ごしらえが出来たので、散歩がてら出かけました。

 

ランキング参加しています。


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

 

ジーンズの購入と裾上げ

2023年1月7日 土曜日

1月の中旬に一時帰国をする。

去年一時帰国した時に、夏ズボンしか無くて寒い思いをした。

日本の冬を甘く見ていた。

👇 2022年1月6日に一時帰国した時のブログです。

kznrdiindonesia.hatenablog.com

それで、思いついたのが、ジーンズの購入。

夏ズボンより生地が厚いと思って、購入計画をした。

ジーンズを売っている所は、いっぱい知っているが、裾直しをしてくれている所は知らない。

ローカルの店で一軒だけ、行き付けにしている店がある。

そこで、相談しようと出かけた。

 

「デニムパンツが欲しいけど、裾直しまで出来る?」と聞くと「私が一緒に裾直しの所に行って、話しするから問題ない。」との返事。

それで、購入したのがLevi's の505と511タイプ。

もう、ジーンズの購入は25年以上したことが無いので、詳しいことは何もわからない。

店のおじさんに全てお任せで購入。

裾の長さ調整する為の試着室が、おじさんの店には無い。

おじさんが、店の商品のぶら下ったハンガーを集めて来て、臨時の更衣室を作ってくれた。

臨時更衣室の背の高さ1.3m程度、ほぼ手摺(てすり)の高さ。

無いよりマシ状態。

とりあえず、試着してズボンの裾の長さを決めた。

買ったLevi’s

店のおじさんが、一緒に下の階に降りて来て、通路でやっている裾直し屋さんを紹介してくれて、話しも付けてくれた。

通路にある裾直し屋さん

買った2本のジーンズを渡して、裾直しのスタート。

通路に置かれた、作業台で股下寸法をチャコを使って、きちんとマーキングしてカットして、準備完了。

通路に置いた作業テーブルで準備中

ジーンズに合わせて、オレンジ系統の糸に交換してくれた。

糸の太さが、少し気になるが、そこはインドネシア Tidak Apa apa (気にしない)。

ジーンズに合わせて糸を交換

おじさんに言って、写真を撮らせてもらった。

ジーンズの生地が厚いので、ゆっくりと少しづつしか進まない。

作業開始

日本と比べると色々???な所があるが、ジーンズの裾上げなので、細かいことは言わない。
裾の長さが調整出来たことで、「OK👌」。

ズボン1本の料金は、Rp20.000(192円)で、2本分のRp40.000(385円)を渡して来た。

出来上がった裾上げ

行き付けの店を作って、親しくなっていると色々と融通してくれて助かりました。

 

ランキング参加しています。


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

 

Wong Solo でNasi Goreng Seafood(ナシ ゴレン シーフード)

2023年1月5日 木曜日

会社の近くの昼ご飯で、二番目によく行く店が『Wong Solo 』(ウォン ソロ)になる。

会社からの距離は、一番近いかもしれない。

一番よく行っていた見た店はWarungになるが、今はやめてしまってもうない😥。

驚異的な値段と美味しさで、本当に気に入っていた。

飲物込みで、200円前後だった。

👇 4代目Warung を書いたブログです

kznrdiindonesia.hatenablog.com

店について、店内に入る。

この店は、店内で当然食べられるが、意外と電話注文のTake Away(インドネシアのテイクアウト)が多い。

店に入って直ぐの所

席に座って、注文を終えて外を見る。

注文の料理は、日本で考える時間の3倍以上の時間がかかる気がする。

会社からの距離は100m程度、食べる物は焼飯1品。

食べ終わって、会社に着くと1時間が過ぎている事がある。

食べるの時間は、そんなにお上品でないので、どちらかと言うと早い方だと思う。

席に座って外の風景

注文すると直ぐにお茶だけは来る。

インドネシアの一般的な対応。

出てきたお茶

そして、溢れんばかりの飲み物の量もインドネシアではよくある光景。

コップの99%まで入れてくれる。

良く持ってくる時に、こぼさなものだといつも感心する。

もしかして、こぼして99%の量になっている?

インドネシアの一般的なお茶

注文した待望のNasi Goreng Seafood (ナシ ゴレン シーフード)が来た。

注文した料理

Seafood と言ってもイカ(Cumi-Cumi)とエビ(Udang)が入っているだけ。

せんべいと甘酢漬け野菜が付くのが、インドネシア風。

バナナの葉の上に

せんべいを割って、Nasi Goreng Seafood と一緒に食べるのが、私流。

インドネシア料理の食べ方は、人の食べ方を見て好きにやってます。

せんべいを割って載せる

このオレンジ色の唐辛子に変わってから、凄く辛くなった。

フォークとスプーンを使って、焼飯から除かないと口の中が大変に事になる。

以前入っていた、赤色の普通の唐辛子は、一緒に食べる事が出来たが、このオレンジ色の唐辛子は食べると汗が出て、後で胃のあたりが痛くなる。

唐辛子をのける

インドネシアのNasi Goreng は、どこで食べても美味しいですが、ここのナシゴレン

平均点以上の味のレベルだと思います。

出来上がりに時間がかかるけど、美味しいのでリピートしています。

【参考金額】

Nasi Goreng Seafood Rp36.000

Es Teh Tawar      Rp7.000

Tax(10%)        Rp4.300

Total            Rp47.300(455円)

 

ランキング参加しています。


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ

 

年の瀬の風景と初ドリアン

2022年12月31日 土曜日

晦日を部屋で過ごすのも退屈なので、いつもの町の探索に出かけた。

モスクの前を歩く。

当然、大晦日・元日の為の物は一切ない。

イスラム教は太陰暦で、イスラムのお正月は別の日なので、いたって普通の土曜日。

お祈りの時間で、バイクの数は多い。

モスクの前

近くのホテル併設の高級チョコレート屋さん。

建物の感じから私が、勝手に高級と付けてしまった。

実際は、入ったことが無いので、詳細は不明。

インドネシアでは、Selamat Natal  dan Selamat Tahun baru(クリスマスおめでとうと新年おめでとう)が、セットでお祝いされている🎄&🎍(門松では無いか🤣?)。

なので、新年までクリスマスツリーもそのまま。

今回の散歩で、唯一あった飾り付け。

ホテル併設のチョコレート屋さん

道路に面する大きめの建物のも特に大晦日・元旦を迎える雰囲気は無し。

いたって、普通の土曜日。

街角の建物

急に空の色が変わったと思うと、小さなスコールで雨が降り出した。

バイクの修理屋さんの軒で、雨宿り。

15分もすると小雨になり、完全に雨が止んだ。

スコールで雨宿り

少し歩いたところの反対側車線に、壁面いっぱいに落書き風の絵がある家がある。

ここまで、きちんと書かれていると落書きでは無いと思う。

上の方は、足場が無いと絶対に描けない高さ。

日本にはあまりない風景だと思うが、インドネシアでは、たまに見る風景。

このあたりのレベルになると、大晦日・元旦など超越している。

家の壁一面に絵が

今回の散歩で、行き付けの果物屋さん『All Fresh』で、パイナップル、ドリアン、地元のお菓子、ドラゴンフルーツを買って来た。

買って来た果物

人生初のドリアン。

MRT(市内電車)、ホテル等持込禁止が多く、また特に食べたいと思わなかったので、ドリアンは食べたことが無かった。

今回、年越し兼おせち料理等のイベントの食べ物として買ってみた。

初ドリアン

よくわからない地元のお菓子。

Kue (クエ)「お菓子」と書いていたので、なんとなく買った。

Kacang Merah は日本語にすると「小豆」だと思う。

直訳すると赤豆。

Kacang :豆  Merah:赤

1個試食すると、普通のあん饅頭

普通過ぎて、書くことが無い。

2段重ねの6個入り、インドネシアしてはRp38.800(373円)で値段が高い。

よくわからないインドネシアのKue(お菓子)

店で一番小さいドリアンを選んで買てきた。

食べられないことを想定して、小さい物を選んだ。

ひと房の半分が綺麗に分かれていたので、恐る恐る食べてみた。

見た感じもっと硬い物かと思ったが、硬いバターのような柔らかさがある。

匂いは良くないが、そんなに言うほど気にならない。

味は、例える物が無い味で、何かと何かを足した味というレベルの物が無い。

どうしてもと言うと無塩バターがいっぱい入った味に濃厚さがある。

不味くは無いが、凄く美味しいとは思わない。

高いお金(Rp103.875,999円)を出して、また買うレベルでは無い。

ドリアンも何種類かあるみたいなので、もっと勉強しないといけないかもしれない。

ドリアンを食べ終わって、その後「ゲップ」が出てしまった。

自分の「ゲップ」がドリアン臭い、それが自分で判るほど臭い。

これは、ニンニクの比でないかも。

ニンニクの場合は、自分ではそんな臭さが判らない。

食べてみた

残りのドリアンをおせちとして食べられるかな😅😆🤣。

ドリアンもう、買わないかな???

 

ランキング参加しています。


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ