ノリオのインドネシア赴任日記

2021年5月からインドネシアに赴任になった62歳、国内移動からコロナ検査を受けてインドネシアへ出国赴任まで 

スラバヤ空港からバテック・エアでジャカルタへ

2022年11月10日 木曜日

スラバヤ空港に着いて、Batik・Air(バテック・エア)でジャカルタへ帰るために撮搭乗口で待っていた。

 

搭乗が少し遅れる放送があった。

今回は、日本語の話せるローカル社員と同行の為に、トラブルに遭遇してもあまり気にならない。

空港内放送を完全に訳してくれている。

搭乗時間を30分程過ぎて、登場案内があった。

同行のローカル社員の人が「スラバヤ空港は東ジャワなので、空港内放送がインドネシア語・英語・ジャワ語の3つで放送された。」と言った。

今まで2回利用したが、インドネシア語・英語の2か国語だけだと思っていた。

スマトラ島出身のローカルの人に「メダンの空港だと何語の放送?」と聞くと、「メダンのあたりは、言語が多いので特定の言語を放送するとケンカになるので、インドネシア語・英語の2つだけです。」

「ふ・・・ん 」言語が多いのは色々と大変だと思った。

左隣に駐機中のガルーダ便

他の飛行機を横目で見ながら、ようやく搭乗。

右隣に駐機中の知らない便

無事、指定されたシートに座った。

席前のシートにインドネシア語で禁止事項が、書かれている。

罰金と懲役期間まで書かれている。

 

シートに座って、暫くすると後ろの席から突き上げが来る。

頻繁に来るので、後ろを見ると大柄な白人の人が、体を小さくして座っている。

その人の膝が、私のシートまで食い込んでいる。

この状態だと仕方ない😂、1時間半の我慢の空の旅になった。

私の体型だと大丈夫ですが、インドネシアの国内線のシートは、そんなに広く無いです。

席前のインドネシア語の説明

機内で受け取った軽食だが、お腹が空いていなかったので、宿舎まで持って帰った。

紙袋と小さな水の入った容器。

機内で受け取った軽食

貰った紙袋を開けてみると、パンが入っていた。

Batik Air のロゴのシールが紙袋には貼られている。

しかし、パンのビニル袋にはLion Air のロゴとマーク。

Batik Air は、Lion Air の子会社になる。

袋の中のパン

半分に切ってみたが、パンの中に何かが入っている。

切ってみた

パンを拡大しても、中に何が入っているか分からない。

食べてみたが、何が入っていたか、やはり分からなかった。

拡大して見た

小さなゼリーのような容器に入った水。

パンと飲み物の組合せ、必要最小限度の組合せのような気がする。

小さな贅沢を言うとジュースかコーヒーの類が欲しかった。

付いていた飲物

つまようじのような細いストローを刺した。

このサイズのストローでないと、一気に飲み切ってしまう量しか入っていない。

ストローを刺して

ランキング参加しています。


人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ