ノリオのインドネシア赴任日記

2021年5月からインドネシアに赴任になった62歳、国内移動からコロナ検査を受けてインドネシアへ出国赴任まで 

MRT を使って再びBlok Mへ マルチカードのチャージも

2021年11月13日 土曜日

MRTを使って、Blok M へ行き買い物に出かけた。

MRT利用の行動は、Jalan  kaki(ジャラン カキ)「徒歩」と違い行動範囲が一気に広がる。

 

MRTの入口にDILARANG MEROKOK(ディらラン ムロコ)「禁煙」。

その下に DI AREA STASIUN(ディ アレア スタシウン)「駅エリアにおいて」と書かれている。

DILARANG のカタカナ読みを無理やり書いたが、「LA」と「RA」が続けてある。

なかなか通じない言葉である。

卵のTelur  「e」・「L」・「r」の3重苦の言葉に近い物がある。

初対面のネイティブなインドネシア人に通用しない自信はある。

Rokok(ロコ)「タバコ」にMeを付けて動詞にしたMerokok(ムロコ)「タバコを吸う」。

喫煙しない私は、全然気にならなく、むしろ禁煙エリアの為、嬉しい。

インドネシアの喫煙の罰金は、金額が大きいので、駅構内では絶対にしないでください。

セキュリティの人、結構多いです。

まず、このMRTの各入り口に必ず1名立って居ます。

最初、それが怖くて入れなかったくらい、警察のような格好の人が立って居ます。

f:id:kznrDiIndonesia:20211211202627j:plain

構内禁煙表示

カードのみ対応の開札口を通り、ホームまで来た。

乗車口にピンク色で、ラッシュ時の女性車両表示があった。

ピンク色は、世界標準色では無いと思うが、「女性車両?」と思わすインパクトはある。

f:id:kznrDiIndonesia:20211211202630j:plain

ホームの様子

kznrdiindonesia.hatenablog.com

電車内からの外の風景。

MRTは、日本製なので、社内・線路等色々な物に日本を感じる。

f:id:kznrDiIndonesia:20211211202636j:plain

車窓の風景

駅の作りも何となく日本を感じさせられる。

インドネシアにいて、何か落ち着く。

f:id:kznrDiIndonesia:20211211202706j:plain

車窓からの別の駅の風景

地下鉄部分から地上に出て、外の明かりが電車内が入って、一段と明るくなる。

車内を警官風の服を着たセキュリティの人が循環している。

若い子が、小声で話をしていると、セキュリティの人が近づいて、腰に振ら提げているカード中からカードを選んで、カード指さした。

『電車の中、私語厳禁 みたい‼』注意も無言。

「すご~~い‼」私は、一人なので私語は無いけど、緊張が走る。

MRT電車内の禁止事項は、何も知らない。

以前Blok Mのホームに色々書いている掲示板を見た気がする。

色々な項目があったのは、確かだ。

セキュリティの人の腰のカードも1~2枚程度では無かった。

f:id:kznrDiIndonesia:20211211202709j:plain

地上部に出た社外の風景

取り合えず、セキュリティの人に向かって、写真は撮らなかった。

Blok Mの駅に近づき、黄色の建物に緑色模様が張り付いたBlok M SQUAREの建物が見えて来た。

車内放送も、Stasiun Blok M BCAの駅名を言っている。

降りる準備をする。

f:id:kznrDiIndonesia:20211211202718j:plain

Blok M SQUARE が見える

Stasiun Blok M BCA( Blok M BCA 駅)で降りて開札口を人の流れに従って出るとBlok M Plazaの2階に出る。(日本人の感覚の2階)

インドネシア表記では、1階かもしれません。

Blok M Plazaのエスカレーターで、上の階へ移動した。

スロープ構造になっているので、エスカレータを使わなくても、上層階へ移動できる。

但し、遠回りしなければならない。

お勧めは、最初に最上階まで行き、スロープを使って、店内の店を見ながら降りて来れば、ほとんどの店をだいたい見て回れる。

f:id:kznrDiIndonesia:20211211202753j:plain

Blok M PLAZA

 

エスカレーターの場所から少し離れた場所から、建物内の様子が分かる所へ移動。

そこからの店内の様子。

特別気になった店舗は無かったです。

しいて言えば、地上階(グランド階・日本の1階)のファーストフード店が、良いような感じ。

家族連れで、混雑していたので、独り身の私は見ただけ、利用はしていないので、詳細は不明です。

f:id:kznrDiIndonesia:20211211202757j:plain

別の角度から Blok M PLAZA

上層階にYOSHINOYA「吉野屋」さんがあった。

一度利用したが、機会が無くまだ2度目の利用は無い。

インドネシアには、意外と色々な所でYOSHINOYA「吉野屋」さんの看板を見ることがある。

パパイヤで日本食のお弁当を食べる機会が多くなり、ファーストフードの日本食に感銘を受けなくなった気がする。

f:id:kznrDiIndonesia:20211211202804j:plain

Blok M PLAZA 内の「YOSHINOYA」

kznrdiindonesia.hatenablog.com

  

5月末に着いて、インドネシアの初期のころのブログ

 

Blok M Plaza を出てBlok M SQUARE を目指した。

そこでの買い物は、別のブログにまとめます。

 

買い物を済ませて、MRTの乗り場向かって、宿舎へ帰る。

ホームから階段伝いに、自転車を押して降りている人がいる。

f:id:kznrDiIndonesia:20211211202844j:plain

ホームから下へ降りる階段

階段の端に自転車の上り下りできる、滑り止めのゴム板が敷かれた専用設備がある。

f:id:kznrDiIndonesia:20211211202911j:plain

自転車専用設備が付いている

電車に乗ると自転車の印のマーク。

自転車置き場所とシールに小さく書かれていた。

自転車の対応の仕方は、「ゴメンナサイ」わかりません。

f:id:kznrDiIndonesia:20211211202920j:plain

社内の自転車のマーク

電車に乗って、車内放送で気が付いた。

「やって、しまった‼」反対方向に乗っている。

「次は、Blok A 駅・・・・・降りる時は、足元に注意してください。」と流暢なインドネシア語で放送されている。

なので、取り合えずBlok A で降りて、方向転換して正規のルートに変更。

f:id:kznrDiIndonesia:20211211202930j:plain

Blok A のホームからの風景 ①

車内放送が分かるのだから、進歩したものだ。

Blok Aのホームから景色を見て電車を待つ。

10分間隔で動いているので、大きな問題では無い。

時間的に何の用事も無いので、初めてのBlok Aの景色が見えて、むしろ良かった。

Blok Mと比べると感じがかなり違う。

f:id:kznrDiIndonesia:20211211202934j:plain

Blok A のホームからの風景 ②

本来の方向の電車に乗って、乗って来た宿舎のある駅に無事到着して降りた。

 

駅構内で、前回の1往復と今回の1往復分 Rp6.000(@47円)x4回=Rp24.000

の補充をカード買った機械で行う。

 

青色ボタン(ISI Ulang)がチャージボタン。

赤色ボタンは、マルチタイプ(チャージタイプ)カードの購入ボタン。

下の金属の所から紙幣、右のコインの投入口からはコインを投入。

購入した時と同じで、Rp100.000とRp2.000の紙幣が使えない案内が、一番下に書いてある。

f:id:kznrDiIndonesia:20211211203053j:plain

カード購入機械 兼 チャージ機

チャージする金額を決めて、お金を投入する。

日頃の生活で、少額紙幣とコインが貯まっているので、この機会に処分しようと持って来ていた。

お金を入れて、マルチカードにチャージ完了。

財布が、少しスッキリした。

f:id:kznrDiIndonesia:20211211203059j:plain

いくらチャージするかのボタン

横を見ると禁止事項と罰金が、書かれたある。

前回のブログでは、喫煙の禁止事項の表示が抜けていた。

喫煙は、他の禁止事項より100倍高い。

罰金Rp50.000.000(393,700円)それなりの金額だ。

「ゼロ」が多くて分かりにくいので、日本風に書くと5千万ルピア

ひぇ~~。」漢数字で書くと金額の大きさが、分かりやすい。

そんなお金、財布に入らない

そんな問題じゃないかもしれない。

MRTの敷地内では、決して喫煙はしないでください。

f:id:kznrDiIndonesia:20211211203036j:plain

禁止事項の表示

地上に出るには、階段・エスカレータの出口とエレベーターの出口がある。

エレベーターのボタンは、手で押すのと足で押す二通りある。

f:id:kznrDiIndonesia:20211211203015j:plain

足ボタン付きのエレベーター

日本にもこんな足踏み式のエレベーターがあったかな?

何か行儀が悪いような気がして、何か足で踏むのに抵抗がある。

でも、コロナの今は、とても合理的である。

f:id:kznrDiIndonesia:20211211203027j:plain

足で踏むのに何か抵抗がある

中に入るとドアの開閉と行先のボタンで、合計4つスイッチがある。

f:id:kznrDiIndonesia:20211211203044j:plain

エレベーター内部にも足踏み式スイッチ

足踏み式スイッチにそれぞれの内容を書いてあるので、操作は出来る。

f:id:kznrDiIndonesia:20211211203008j:plain

4つのスイッチ

地上ボタンと、閉めるボタンを踏んだ。

地上部に出て、買い物の袋を持って宿舎に帰った。

 

買い物は、Blok M SQUARE内の食品売り場とTシャツを買いました。

Tシャツは、ちょっと日本には、持って帰られない品物か~な?

また、別で書きます。